山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS M20付近

<<   作成日時 : 2010/06/12 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いて座のM20「三裂星雲」から、M8「干潟星雲」付近です。

画像



写真中央やや上にある赤と青の星雲が「三裂星雲」で、左下にある赤い星雲が「干潟星雲」です。
ここら辺りは、天の川の中にあって、星がたくさんです。

GS-250RCで、同時撮影をしていたため、こちらイプシロンの方は、構図がアンバランスになってしまいました。
M8とM20がちょうどよい位置に構図ができればよかったのですが、2本の鏡筒の向きをそれぞれに合わせるのは、難しいためです。

この後、GS-250RCの方の画像も処理してみようと思いますが、パッと見た感じでは、星が肥大化しており、いつものガイドエラーのようです。さて、どうなることやら・・・。

撮影日:平成22年5月7日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art11002(-15℃)
フィルタ:FLI LRGB, IDAS LPS-P2
露出:L10分×4, RGB5分×各2 (2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カリッとした画像でεらしい透明感の在る画像ですね。同架しているGSのガイドが決まらないのでは無くシーイングが良くないのでは。長焦点はすごくシーイングに影響されます。
見慣れた構図ですが縦横逆が良かったですね。
エムティ
2010/06/12 10:07
エムティさん、こんばんは。
シーイング、確かに長焦点ですと、その影響を受けますね。実際、ピント合わせの際、星の形が歪んでいるのが分かります。
構図の件、仰せのように、東西を長辺にした方がおさまりが良いかもしれませんね。
sho
2010/06/12 22:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
M20付近 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる