山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS アンタレス北部

<<   作成日時 : 2010/07/07 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

さそり座のアンタレス北部です。

画像


写真左下にある明るい星がアンタレスです。
その右横にあるのが球状星団M4、アンタレス斜め右上にある小さい球状星団はNGC6144、写真上部にある青い星雲はIC4604、その下にある暗黒部が入り混じった青い星雲はIC4603です。
その他にも、カラフルな星雲や暗黒帯が、複雑に入り組んでいて、とてもきれいな領域です。

今まで、何度もこの領域を撮影してみましたが、光害による影響、見頃の時期は梅雨になっているなど、ショボイ写真ばかりでした。今回は、それでも何とか雰囲気が出る程度には写ってくれて、光害のある自宅での撮影からすれば、まあまあではないかと思います。

アンタレスのまわりには、黄色い星雲が囲んでいますが、それに重なるようにフィルタによる大きなゴーストが出ており気になります。これは、LPS−P2という光害カットフィルタによるものだと思いますが、このフィルタ無しでは光害に負けてしまいます。やっぱり、チャンスがあれば、漆黒の夜空に遠征してみたいと思います。

撮影日:平成22年5月14日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art11002(-15℃)
フィルタ:FLI LRGB, IDAS LPS-P2
露出:L15分×4, RGB10分×各2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは! うーん、いつもながらロマンチックな写真ですね! 肉眼でも見えたらうれしいのに... (^^;)!

 今夜、いろんな人々の いろんな願いが叶いますように。
しんちゃん
2010/07/08 00:22
いやー良く写ってますね!きれいです!!
P2なしで撮像出来ない光害地は、この派手なゴーストが厄介ですよね〜。
位置を変えれば影響も少なくなると思うのですが、イプは動かす範囲が限定されますよね〜。
やはり、遠征しかないのかな〜。shoさんの所なら、少し遠征すれば漆黒の空がありそうですね!
ベランダGPD
2010/07/08 10:03
しんちゃんさん、こんばんは。
ご無沙汰しておりまして、すみません。
そうですね、肉眼でも見れたら良いですね〜。
七夕の夜、そちらはいかがだったでしょうか。こちら山陰地方は、薄曇りながら、何とか織姫星と彦星を見ることができましたよ。きっと、たくさんの人の願いごとはかなうと思います。星を見ていなくとも、信じていれば(笑)
sho
2010/07/08 22:45
ベランダGPDさん、こんばんは。
ありがとうございます。自宅での撮影で、これくらいであれば、満足しないといけないと思っています。
P2のゴースト、輝星ではかなりのもので、多少であれば、軽減処理をしますが、今回はそのままにしました。
はい、比較的短時間で行ける場所に、自宅に比べればはるかに良いところがあります。漆黒とまではいきませんが。今年は、遠征用の赤道儀も準備したのですが、なかなか実現できずにいます。一番の原因は、時間的な余裕がないことです(涙)
sho
2010/07/08 22:50
ちょっと遠征すればね。漆黒の闇はあるよね。私なんかそれを持って歩いてます??
たまには向こう岸のベガに会いたいなあ!
この頃は向こう岸は見えてもアルタイルとのあいだにあるミルキーウェイが見えなかったりして…。
出張用の赤道儀も準備ー?出張用の箱カーの準備もよし。あとは出張する時間!と世間の雑事などから離れる大胆な勇気とを準備しますか??
entropist
2010/07/09 05:27
entropistさん、こんばんは。
本物の漆黒の夜空、見てみたいものですね。
星の灯かりで、自分が照らされるほどだとか。そんな場所に遠征してみたいですね。
チャンスがあれば、お誘いしますね。
sho
2010/07/10 00:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンタレス北部 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる