山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS アイリス星雲

<<   作成日時 : 2010/09/15 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

うめぼしの後、アイリス星雲も撮影してみました。

画像


ケフェウス座にある反射星雲NGC7023「アイリス星雲」です。
うめぼしの赤に対して、青く光るアイリス星雲も、魅力的な対象の一つです。
この星雲のまわりには、墨汁が散ったような暗黒星雲が広がっているので、広角で撮影されることも多いのですが、拡大してみるのも面白いです。

前回のうめぼしも含め、同時撮影していたイプシロン望遠鏡による写真です。
まず、うめぼし星雲です。

画像



次に、アイリス星雲です。

画像


いずれも、光る星雲のまわりに暗黒星雲があり、そのコントラストがきれいです。

撮影日:平成22年8月4日
望遠鏡:ε-180ED, GS-250RC
赤道儀:EM-400
カメラ:Art11002(-5℃), (ML8300(-35℃)
フィルタ:[Art]FLI LRGB IDAS LPS-P2, [ML]IDAS Type4 LRGB
露出:[Art][ML]L15分×4, RGB10分×各2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いずれもすごい作品です。撮影や後処理が安定したようですね。アイリスの拡大は周辺の淡い所と中心部の詳細も出てみごとです。光害地ではこの周辺の淡い部分が光害に埋もれ写せません。
私のモニターでは全体的にバックを閉めすぎのような気がします。もうすこし淡い星間ガスを出してもと思います。あと望遠鏡同架なのでしょうがないですが梅干の構図がもったいない、別々で撮影の方がよかった。要求ばかり言ってすみません。
エムティ
2010/09/15 08:50
エムティさん、こんばんは。
ありがとうございます。はい、機材にもようやく慣れてきました。
背景部、閉めすぎですね。確かにノイズを目立たなくするため、そうなってしまっていると思います。
うめぼしの構図、仰せのように、伸びる暗黒部をもっと入れるようにした方が良いですね。2本の鏡筒の向きを簡単に変えられる機構を検討中ですが、うまくいくかは分かりません。
sho
2010/09/15 21:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
アイリス星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる