山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 北アメリカ星雲

<<   作成日時 : 2010/09/06 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

北アメリカ大陸に似た星雲、NGC7000です。

画像


北アメリカ星雲は高度が高いため、春から秋頃まで楽しめる星雲の一つです。
残念ながら、眼視観望では見ることが難しく、透明度の高い夜空でかろうじてメキシコ付近が見える程度です。
一方、写真では、案外によく写ってくれて、撮影向きの星雲のようです。ただ、淡い星雲や微光星がたくさんあって、本来の背景はどんな感じなのか、画像処理は難しい面もあります。
今回も、いつものように控えめな処理にとどめてみました。

撮影日:平成22年7月17日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art11002(-5℃)
フィルタ:FLI LRGB, IDAS LPS-P2
露出:L15分×4, RGB10分×各2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
控え目な処理でも自然な発色で、とても好感が持てます!
ベランダからでは撮像出来ない対象の一つ。。。
いつかは、しっかり撮像してみたいですね〜。
ベランダGPD
2010/09/07 16:04
星雲の流れもよく出ていていいですね。今までこの星雲中途半端なサイズでしか撮れず敬遠していました。こんな感じで私も撮って見たい。
エムティ
2010/09/07 16:51
ベランダGPDさん、こんばんは。
ありがとうございます。
高度が高い対象なので、ベランダ観測所からは難しいのですね。とすれば、遠征ということになりますでしょうか。
そういう意味からは、実のところ私の観測所も見晴らしは良くても、光害の影響は否めません。今年こそは遠征と思っていますが、なかなかできずにおります。
sho
2010/09/07 23:13
エムティさん、こんばんは。
ありがとうございます。
北アメリカ星雲など、はくちょう座の星雲群は、けっこうな面積がありある程度の広角でないとおさまりきりませんよね。幸いにも、イプシロンとアルテミスCCDの組み合わせの場合、程よくおさまってくれるようです。短焦点鏡若しくはカメラレンズの方向に行くか、大きいCCDにするか、たぶん短焦点に向かう方が、良いのかもしれませんね。そう言う私も、カメラレンズを試してみたいと思いつつ、実現できずにおりますが。
sho
2010/09/07 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
北アメリカ星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる