山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS アンドロメダ銀河

<<   作成日時 : 2010/10/27 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

M31 アンドロメダ銀河の中央部です。

画像


途中、雲が何度も通過したため、撮影枚数のうち、3分の1が無駄となってしまいました。
また、もっと内部構造が写るのかと思いましたが、何だかノッペリとした写真になりました。
写野いっぱいに銀河が広がっているようです。
イプシロンでも撮影していますので、この後、画像処理してみようと思います。

撮影日:平成22年10月1日
望遠鏡:GS-250RC
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃)
フィルタ:IDAS Type4 LRGB
露出:L15分×4, RG10分×各1, B10分×2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おおっ、これは素晴らしいです。
撮影が上手く行っているということ、あと、素材そのものの良さが活きていますね。カメラと望遠鏡の組み合わせいいですね!
よっちゃん
2010/10/27 23:48
よっちゃんさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
この前の星研では、お会いできず残念でした。次回は、天体写真界最高のテクを、ぜひ教えてください。
はい、ようやくRCに慣れてきました。ガイドは安定してきましたが、シーイングにはやはり勝てないのか、星像がどうしても大きくなりがちです。でも、楽しいですよ、長焦点は。
よっちゃんさんの方は、微細チップのフルサイズカメラを導入され、いきなり素晴らしい作品を撮影されてますね。いつも、惚れ惚れしております。
sho
2010/10/28 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンドロメダ銀河 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる