山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS vdB142

<<   作成日時 : 2010/10/20 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

ケフェウス座の散光星雲IC1386の中にあるvdB142を、長焦点で狙ってみました。

画像


このvdB142は、複雑な色と明暗の複雑な構造ですが、その形から「象の鼻星雲」と呼ばれることもあります。
前に掲載した失敗写真と同じ日、透明度の悪い日でしたので、これくらいの写りとなってしまいましたが、複雑な様子は何とか分かり、おもしろい星雲だと思いました。
チャンスがあれば、リベンジしてみたい対象の一つとなりました。

撮影日:平成22年9月10日
望遠鏡:GS-250RC
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-35℃)
フィルタ:IDAS Type4 LRGB
露出:L15分×4, RGB10分×各2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
透明度が悪さをしてか透明感が少し足らない感じですが、すごくよく撮れていると思います。天候はどうしようもありませんからリベンジを繰り返すしかないですね。もっと夜に透明度の良い晴天を!
エムティ
2010/10/20 09:39
素晴らしい!!!ですよ。
見とれてしまいました。
RCを完全に物にされたようですね!
空の状態が良ければ、更に見応えある作品になりそうですね。
リベンジ結果を楽しみにしております。
ベランダGPD
2010/10/20 19:10
エムティさん、こんばんは。
はい、仰せように透明感が足りないと思います。このまわりは、もっと鮮やかな赤色の星雲が広がっているようですが、背景ムラが大きかったため、この写真では、そのまわり部分を暗く処理しております。
もっと、鮮やかに撮ってみたいものです。透明度の良い夜が欲しいです。
sho
2010/10/20 21:03
ベランダGPDさん、こんばんは。
ありがとうございます。こんな写真でも、ほめていただくと、とても励みになります。
RCには、だいぶ慣れてきましたが、課題も残っております。一番の課題は光軸調整です。掲載写真でも、分かりますが、片隅の星が流れています。調整しないといけないと思いながら、なかなか実現できておりません。
はい、ぜひリベンジしてみたいです。
sho
2010/10/20 21:06
ウウム、いい写真じゃぞい。象の鼻の穴の左側は二重星かしら。9月10日がどんな天気だったかよく覚えてはいませんが、全体としての色合いはいいと思います。私の好みといってもいいよ。ただ画角は欲を言えば、もう少し広くといいますか・・・。でもなかなかいいのが撮れていますよ。「Vdb142なんて命名法もあるんだね。」よろしい。これからもガンバね。
entropist
2010/10/20 23:41
entropistさん、こんばんは。
二重星なんでしょうか?どうなんでしょうね。
その2つの星以外にも、微光星があるようです。
画角については、通常の写真と違って、星には、近づくことも遠ざかることもできません。できるとすれば、焦点距離を変えるか、カメラのCCD面性を変えるかってことになりますね。
vdBというのは、M(メシエ)カタログのようなもので、ヴァンデンバーグという人が、まとめた反射星雲のカタログのことです。
sho
2010/10/21 23:19
shoさん、この写真はお見事だと思います。 画像処理も素晴らしいです。
そうそう、今年はオリオン座大星雲は撮されましたか?
けんじ
2010/10/25 18:10
けんじさん、こんばんは。
ありがとうございます。
私の方は、今年は、まだオリオン大星雲を撮影しておりません。
次回の新月期に期待しているところです。
sho
2010/10/26 00:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
vdB142 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる