山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS カリフォルニア星雲

<<   作成日時 : 2010/11/20 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ペルセウス座にあるNGC1499「カリフォルニア星雲」を撮影しました。

画像


赤い星雲の下にある青い星は、「ランナウェイ・スター」と呼ばれていて、宇宙空間を疾走しているらしいです。この星が以前あった場所で、超新星爆発があって、その衝撃で、はじき飛ばされました。そして、偶然にガスの雲に遭遇して、そのガスが光っているのが、この「カリフォルニア星雲」だそうです。(☆ナビ記事より)
何万年後、何百年後かは分かりませんが、この星が通り過ぎてしまうと、カリフォルニア星雲は輝きを失ってしまい、見えなくなってしまうとのこと。

この「カリフォルニア星雲」、残念ながら肉眼では見ることができず、写真でしかその姿を確認できません。もしかしたら、無光害の場所と大口径の双眼鏡があれば、見えるのかもしれません。

撮影日:平成22年11月5日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art11002(-20℃)
フィルタ:FLI LRGB IDAS LPS-P2
露出:L15分×4, RGB10分×各2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
えっ?
ランナウェイ・スターが自家発電の作用をしてるってことですか。
それにしては、紅色が美しすぎます。
でも、赤と青の世界が見事なのは、バックの闇に彩があるせいだと気がつき
ました。飽きないですね。
七海
2010/11/23 22:09
七海さん、こんばんは。
「自家発動」、はい、そうらしいです。星雲は、それ自体に光は無くて、近くの星の灯かりで輝いているそうです。
紅色の星雲、自分の眼で見てみたいのですが、望遠鏡で見ても色はもちろん、その存在さえ分かりません。公共天文台にある大きな望遠鏡で見たら、どんなだろうと思います。でも、この星雲が見えなくても、望遠鏡を使わなくても、縁側でボーっと眺める星空が、一番好きだったりしています(笑)
sho
2010/11/23 23:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
カリフォルニア星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる