山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS M33銀河 中央部

<<   作成日時 : 2010/11/13 17:34   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

今度は、M33の中央部です。

画像


焦点距離2000ミリですと、写野から銀河がはみ出しています。露出不足もあったため、今回は周辺部の強調処理は控えめにしました。
短焦点では分からなかった、銀河の内部構造や、点在している赤い星雲が、見ていて面白いです。
昨日、黄砂ではありましたが、口径10センチの望遠鏡で眺めてみました。このM33は相当に淡く、存在を確認するのがやっとでした。

撮影日:平成22年10月16日
望遠鏡:GS-250RC
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃)
フィルタ:IDAS Type4 LRGB
露出:L15分×4, RGB10分×各2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
散光星雲部も詳細に良くでてご近所銀河が迫力ですね。私はこれより狭い範囲しか写らないので今期は撮影していません。shoさんの組み合わせだと主な対象が入り丁度よさそうです。
エムティ
2010/11/13 20:34
エムティさん、こんばんは。
ご近所銀河(笑)、これくらいの焦点距離だと、迫力が出てきますね。
はい、2000ミリとフォーサーズチップの組み合わせは、今まで狙ってもさびしい印象だった対象が、それなりに楽しめます。しばらくは、この組み合わせで撮影を続けようと思っています。
sho
2010/11/14 21:26
shoさん、こんばんは。
見事すぎる素晴らしさです。 散光星雲のガスの動きまで表現できていますし最高です!
そうそう、先ほどはアドバイスありがとうございました。 実はまたまたお聞きしたいですが、一応ネットで調べました..ステラV6でも読み込めないと言う方もいれば読み込めると言う方もいますm(__)m しかし疑問なんですが、ユーザーの多いKissX4なのに、ステラで読み込みできなかったらどやって画像処理するんでしょかね?? 僕的には同付属のソフトでRAW読み込んでtiffなどに変換してステラで読み込み画像処理するんですかね??
知ってみえたら是非ともアドバイスお願いします。。

けんじ
2010/11/14 22:05
けんじさん、こんばんは。
ありがとうございます。そんな、見事すぎるってことはないですよ。
X4の読込の件、やはり、ソフトメーカーに確認するのが一番だと思います。「同付属のソフトでRAW読み込んでtiffなどに変換してステラで読み込み画像処理」っていうのは、きっと正解なんでしょうが、それでは強力な処理にはどうかと思います。また、アストロアーツのツイッターと思われる内容では、X4は近々対応予定と書いてありました。いずれにしても、ソフトメーカーに確認されることを、ぜひお勧めします。
sho
2010/11/14 22:29
shoさん、昨日はありがとうございました。
メーカーに確認したところ、年内中にX4対応のモジュールが公開されるそうです。 ステラV6対応です。メーカーのHPにてアップグレード版をDownloadしてインストールし使用可能の様です。
けんじ
2010/11/16 00:21
けんじさん、こんばんは。
いえいえ、あまり役に立たなくて、すみませんでした。
年内には対応するのですね。それは良かったです。N社にしても、C社にしても、一眼デジカメの売れ筋メーカーですので、当然と言えばそうなのかもしれませんね。
sho
2010/11/16 22:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
M33銀河 中央部 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる