山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS M77銀河

<<   作成日時 : 2010/12/02 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

くじら座のM77銀河です。

画像


このM77は、全天で一番明るい「セイファート銀河」らしいです。「セイファート銀河」というのは、活動銀河の一種で、極端に明るい中心核を持つことが特徴です。中心には、大質量のブラックホールがあるといわれています。
撮影対象について、いろいろと調べてみるのもおもしろいです。

写真では、中央部の渦巻きや周辺部の淡い広がりが写りました。眼視観望では、M77の存在が分かる程度にしか見えません。


同時撮影していたイプシロンによる写真です。

画像


M77のまわりにも、小さい銀河が点在しており、また、青く輝く星もきれいです。
後で気づいたのですが、もしかしたら、このM77、撮影は今回がはじめてだったかもしれません。

撮影日:平成22年11月6日
望遠鏡:ε-180ED, GS-250RC
赤道儀:EM-400
カメラ:Art11002(-20℃), ML8300(-40℃)
フィルタ:[Art]FLI LRGB IDAS LPS-P2, [ML]IDAS Type4 LRGB
露出:[Art][ML] L15分×4, RGB10分×各2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
淡い所まで表現されていてすごいです。ひどい光害地ではまったく中心部しか出ませんので撮影を諦めてます。shoさんの画像で楽しませていただきます。大口径長焦点画像は銀河の詳細まで撮影できて面白いですね。
エムティ
2010/12/03 10:35
GS-250RCの画像の中央右端に写っている線のようなものは、小惑星でしょうか?
大口径になると、小惑星発見!なんてことも可能ですよね〜。
M77って特徴的な構造ですね。
ベランダGPD
2010/12/03 15:59
エムティさん、こんばんは。
ありがとうございます。この銀河、まわりの部分は、けっこう淡いようです。じつは、そのまわり部分だけのマスクを作って強調しております。
はい、大口径長焦点は、面白いですね。
sho
2010/12/03 23:37
ベランダGPDさん、こんばんは。
右端の線は、たぶん小惑星だと思います。途切れているのは、途中でRGB撮影となっていたためです。
小惑星発見!良い響きですね。小惑星、新星、何でも良いので発見してみたいものです(笑)
sho
2010/12/03 23:39
おはようございます!

M77という数字も良いですね。肉眼でここまで見られたらいいのに、無理ですよね...(^^;)!もしかしたら夏よりも冬の方が夜空を見上げる機会が多いかも。また遠い未知の世界の写真、楽しみにさせてもらいます。

寒くなるので風邪にはご用心!
しんちゃん
2010/12/04 10:36
しんちゃんさん、こんばんは。
777ではないですが、ラッキーナンバーが並ぶのは気持ち良いですね。
はい、そうです。肉眼では、さすがにここまでは見えません。
冬の方が、透明度が高く、また明るい星も多いので、空を見上げるには良いのかもしれません。
風邪、ありがとうございます。しんちゃんさんの方も健康にはお気をつけください。
sho
2010/12/04 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
M77銀河 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる