山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS オリオン大星雲の画像処理

<<   作成日時 : 2011/01/12 22:47   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

今回は、画像処理手順の一部を紹介します。なお、我流である上、たいした内容でない、科学的でないとのご指摘もあるかと思います。ご容赦ください。

まず、大まかな流れです。
1.LRGB画像それぞれに、フラット・ダーク補正をします。
2.LRGB画像それぞれを、コンポジットします。
3.RGB合成をして、カラーバランス調整、レベル調整、デジタル現像をします。
4.RGB画像について、彩度調整、ノイズ除去等の微調整をします。
5.L画像について、レベル調整、デジタル現像をします。
6.LRGB合成をします。
7.LRGB合成後の画像について、レベル調整、トーンカーブ調整等をして仕上げます。
8.他段階露出をしている場合は、同一露出時間の画像に対して、上記を行い、出来上がった例えば3枚の画像から、淡い部分、中間の部分、明るい部分のおいしいところを合成します。

※1、2、3、5、6は、ステライメージ若しくはマキシムDLで行っています。
4、7、8は、フォトショップにて行っています。

4の部分について、処理画面の例を入れて少し説明します。
今回の処理内容は、星や星雲は色鮮やかにし、背景部分のカラーノイズは軽減することとしています。
フォトショップにて、色相・彩度レイヤーを使い、彩度を上げています。上が処理前、下が処理後です。星や星雲部分にだけ処理がかかるように、レイヤーマスクを使います。

画像


次に、カラーノイズの軽減処理です。元画像を複写したレイヤーに、背景部分にだけ処理がかかるようなレイヤーマスクをつくり、フィルターのノイズ軽減を行います。
その際のパラメータについては、必ずこの値というものはなく、いろいろと試していますが、ディテールの保持は気にせず、かなり強めのノイズ軽減をすることが多いです。

画像


処理前と処理後の画像を強調したものが次の例になります。

画像


色鮮やかにする手法の一例として、紹介しましたが、同じ効果として、L画像の方は、軟調気味の処理をして、彩度アップしたRGB画像と合成すると良いようです。

処理手順を紹介とのご意見をいただいたので、書いてみましたが、なかなかまとめるのは難しいと思いました。画像処理について書かれている方々の力量のすごさを、あらためて思い知りました(苦笑) 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
処理手順の公開、ありがとうございます。結構、難しいですよね〜解説は!

それにしても、結構彩度UPされているんですね〜。そして、RGB画像を大胆にノイズ軽減しているんだ〜。
カラーノイズの軽減を80%もかけていると、微光星(恒星も)の色が抜けませんか〜。
色抜けを嫌って、カラーノイズ軽減は、せいぜい25%程度にしています。
ベランダGPD
2011/01/13 15:46
ベランダGPDさん、こんばんは。
いえいえ、たいした内容でなくてすみません。難しいですね、説明をするのは(苦笑)
いつもの私は、ご存知のように、控えめな画像処理です。今回は、前後の差が分かりやすいように、ちょっとパラメータを強めに設定しました。
カラーノイズ軽減については、80%はよく使っています。確かに微光星の色が抜けやすいです。そのため、星マスクを併用したりもしています。
sho
2011/01/13 22:59
shoさん、ありがとうございます。
私と処理方法それぞれ違っているのが驚きです。結果がそれ程違わないなら同じような処理をしていると思ってました。ノイズ軽減は輝度がメインです。カラーはあまり使いません。あとSI6のデジタル現像とPSCS5のシャードー&ハイライトで諧調を調整します。最近はPSCS5のCAMERA RAWノイズ低減を良く使うためSI6とPSCS5の間を行ったり来たりです。
彩度も処理の最後くらいにLab色彩調整で画像全体にかけます。
一番違うのが多段露光処理です私は各露光時間で処理した画像を全加算(3分R+6分Rのように)してからRGB合成しデジタル現像です(ですから倍倍で露光時間を決めます)。お手軽、手抜きがモットーですのでこんな感じです。
エムティ
2011/01/14 00:39
エムティさん、こんばんは。
そうですか、そんなに違いがあるのですね。
天体写真の画像処理方法については、例えばステライメージのマニュアル本などは別として、共通的なものは無いのかもしれませんね。私の方法は、まったくの我流です。
ノイズ軽減については、L画像には、ほとんど施しておりません。また、色彩調整はステラでは、ほとんど行っていません。
他段階露光処理、仰せの方法をステラでしていた時期もありましたが、今は、もっぱらフォトショップです。
私も、簡単、お手軽、短時間が良いと思っています。これからも、いろいろと教えてください。
sho
2011/01/14 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリオン大星雲の画像処理 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる