山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS IC417付近

<<   作成日時 : 2011/01/21 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ぎゃしゃ座のIC417付近です。

画像


写真中央にある赤い星雲がIC417です。上にある散開星団はNGC1907、IC417の左側にある赤く小さな星雲はNGC1931、写真右下にある赤く大きな星雲はIC410です。
そのIC410や、写真には写ってないですが、さらに右側にあるIC405は、大きくて見栄えも良いので、よく撮影されるようですが、このIC417はそれらに比べるとあまり撮影対象にされていないような気がします。
この日は、かなりの強風の日で、どうしようかと思いましたが、数少ない晴れの日でしたので、撮影を強行しました。結果、ガイドも安定せず、砂ぼこりのため、望遠鏡がザラザラになってしまいました。

今年に入ってからは、全く星見ができずにおります。あと数枚、昨年12月に撮影していた写真がありますが、いずれもショボイ写りだったので、画像処理の方も億劫になっています。
山陰地方の冬は、寒さだけでなく、悪天候のため星を見ることができず、天文家にとっては厳しい季節です。

強風のため、星の色ずれが目立ちますが、同時撮影していたGS250RCによる写真です。

画像


こちらの方は、ほとんど星雲が写っていません。

撮影日:平成22年12月10日
望遠鏡:ε-180ED, GS-250RC
赤道儀:EM-400
カメラ:Art11002(-20℃), ML8300(-40℃)
フィルタ:[Art]FLI LRGB IDAS LPS-P2, [ML]IDAS Type4 LRGB
露出:[Art] L10分×4, RB5分×各2, G5分×1(2×2)
[ML] L10分×4, RG5分×各2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
強風の中でもこのガイド精度・・・さすがEM-400ですね。

山陰だと冬場は毎日曇り空であることが多いですよね。星見屋にとっては辛い季節ですね。

「星の色ずれ」というのはRGB画像がそれぞれ異なる方向や量でガイドエラーなどした場合に起きるのでしょうか?
たいやき
2011/01/21 11:00
たいやきさん、こんばんは。帰省中、大雪で大変だったことと思います。大丈夫でしたでしょうか。
強風では、EM400でも、たぶん大型赤道議でも、揺れゆれでだめではないかと思います。
そうですね、冬時期の山陰地方はほんと冬眠状態です。
星の色ずれというのは、仰せのとおりで、1コマずつの星が丸くなっていないので、例えばR画像がはみ出したりしています。イプシロン程度の焦点距離ですと、まだ、ごまかしがききますが、超焦点になるとどうにもなりません。
sho
2011/01/22 23:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
IC417付近 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる