山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS M51

<<   作成日時 : 2011/04/23 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

りょうけん座のM51銀河です。

画像


大きい渦巻き銀河の上に小さな銀河が寄り添っていることから「子持ち銀河」と呼ばれています。
十分に暗い空であれば、小口径の望遠鏡でも、子持ちの様子を見ることができます。
写真の方は、以前撮影したものの方が出来がよく今回は残念な結果となりました。

同時撮影していたイプシロンによる写真です。

画像



撮影日:平成23年3月11日
望遠鏡:ε-180ED, GS-250RC
赤道儀:EM-400
カメラ:Art11002(-25℃), ML8300(-40℃)
フィルタ:[Art]FLI LRGB IDAS LPS-P2, [ML]IDAS Type4 LRGB
露出:[Art] L10分×9, RGB5分×各2(2×2)
[ML] L15分×4, RGB10分×各2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
腕の中の赤い領域がよく写っていますね。
ガスの流れも感じることが出来て、見事です。
たいやき
2011/04/26 02:48
たいやきさん、こんばんは。
ありがとうございます。ただ、自分では不満な結果でして、リベンジしたいと思っております。口径からすると全く解像度不足だと思います。渦巻きの様子がもっと出てもよいのかなぁと。
sho
2011/04/26 20:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
M51 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる