山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS しし座のもう一つのトリオ

<<   作成日時 : 2011/05/06 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

しし座の系外銀河、M95・M96・M105です。

画像


しし座のトリオ銀河といえば、M65・M66・NGC3628が有名ですが、この3つもトリオとなっています。
ししの前足と後足の間辺りに位置しています。
写真中央の下にあるのがM96、その右側やや下にあるのがM95、写真中央やや右上にあるのがM105です。
M105のすぐ近くには、NGC3384とNGC3389があり、これらもトリオとなっています。
その他にも、たくさんの小さな銀河が写っています。
いずれも小ぶりなので、大型の星雲のような見栄えの良さはありませんが、これはこれで楽しめます。

同時撮影していた、GS-250RCによるM96の写真です。

画像



撮影日:平成23年4月4日
望遠鏡:ε-180ED, GS-250RC
赤道儀:EM-400
カメラ:Art11002(-25℃), ML8300(-40℃)
フィルタ:[Art]FLI LRGB IDAS LPS-P2, [ML]IDAS Type4 LRGB
露出:[Art] L10分×8 RGB5分×各3(2×2)
[ML] L15分×4, RGB10分×各3(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
εで一網打尽ですね。

この辺りの銀河は腕の形が特徴的なものが多い気がして、個人的には好きですね。

GS-250RCでの拡大写真の中に遠方銀河が映っている気がしたので、WorldWide Telescopeで調べてみたのですが、やはり遠方銀河がいくつかありますね!長焦点で撮影すると、こういった遠方銀河がさり気なく写ってくれたりして、自分の望遠鏡で写すことができた事が私は楽しかったりします。
たいやき
2011/05/07 14:22
たいやきさん、こんばんは。
そうですね、イプシロンで銀河っていうのも、けっこう楽しめますね。まさに、一網打尽です。

遠方銀河ですか。確かになにやら写っているので、気にはなっておりましたが。長焦点も魅了がありますが、シャープに写すのは難しいと実感しております。ガイド精度なのか、シーイングなのか、別に問題があるのか。現時点の課題です。
sho
2011/05/07 22:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
しし座のもう一つのトリオ 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる