山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS NGC4298、4302

<<   作成日時 : 2011/05/15 18:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

かみのけ座の系外銀河NGC4298とNGC4302です。

画像


写真右側がNGC4298、左側がNGC4302です。
2つとも渦巻き銀河らしいのですが、NGC4302の方は、真横向きになっているため、銀河を横切る暗黒帯が写っています。
いずれも12等級と暗めのため、今まで眼視で見たことはありません。


次に同時撮影していたイプシロンによる写真です。

画像


中央やや上に2つの銀河が小さく写っています。
その他、写真上の方にある渦巻き銀河がM100、右側にある渦巻き銀河がM99、左下にある楕円銀河がそれぞれ左からM86、M84です。
ほかにも、小さな銀河がたくさん写っています。

撮影日:平成23年4月9日
望遠鏡:ε-180ED, GS-250RC
赤道儀:EM-400
カメラ:Art11002(-20℃), ML8300(-40℃)
フィルタ:[Art]FLI LRGB IDAS LPS-P2, [ML]IDAS Type4 LRGB
露出:[Art] L10分×9 RGB5分×各3(2×2)
[ML] L15分×6, R10分×2, GB10分×各1(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
マイナー?な天体を狙ってますね。
広角の画像を見ると、本当に沢山の銀河あり、RCで狙いたい放題の状態ですね。
広角と拡大の組み合わせで同時に見ることができるとても良い例だと思いました。
ベランダGPD
2011/05/16 18:03
ベランダGPDさん、こんばんは。
はい、マイナーな対象ですね(笑)
言われるように、長焦点では撮りたいところがたくさんありますね。
以前、師匠に言われておりました、GS250RCとフルサイズの組み合わせの件、今の組み合わせによる画角差を楽しんだあとになりそうです。すみません。カメラの組み合わせからは、入れ替えた方がよいのですが。
sho
2011/05/16 23:13
左下にマルカリアンチェーンの端っこが写っていますね。
くだらない話ですが、M86,M84,NGC4388の並びがいつも人の顔に私は見えてしまいます(笑)

この辺りは銀河が本当にたくさん写っていますね。
銀河の展覧会のようです。
たいやき
2011/05/18 17:58
たいやきさん、こんばんは。
マルカリアンの端が写っていますね(笑)
たしかに!人の顔に見えます。
銀河の展覧会、素敵な表現ですね。短焦点ですと、どの辺りを写し撮るか、構図はどのようにするか、楽しさも難しさもあります。私の場合は、長焦点の方を優先して構図を決めているので、結果的にこのような写真になりました。
sho
2011/05/19 00:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
NGC4298、4302 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる