山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒眼銀河

<<   作成日時 : 2011/06/12 20:08   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

かみのけ座のM64「黒眼銀河」です。

画像


銀河の中心部に暗黒帯があり、その様子が黒眼に似ていることから「黒眼銀河」と呼ばれています。
小口径の望遠鏡でも、銀河の存在は確認できますが、暗黒部を見るためには、暗い夜空が必要なようです。
写真を眺めていると、何だか銀河の方もこちらを見ているような錯覚を覚えます。

撮影日:平成23年4月24日
望遠鏡:GS-250RC
赤道儀:EM-400
カメラ:ML8300(-40℃)
フィルタ:IDAS Type4 LRGB
露出:L15分×6, RGB10分×各2(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こっちを見ているようには思えませんが、中心部に向けて、6段階に濃くなっていく様子が私のモニターでは見えます。とても感じのいい写りですよ。カラフルではないけれど、私の好みですよ。露出:L15分×6, RGB10分×各2(2×2)でこれなんですね。なかなかいいっす。さすがsho先生!
entropist
2011/06/12 22:30
自分の撮影した黒目銀河と比較してみたのですが、shoさんのお写真のほうが圧倒的にシャープですね。。。GS250RCはやはりとても優秀なようですね。

銀河の渦巻きの様子が、とてもなめらかで美しいです!
たいやき
2011/06/13 04:18
外周の淡い部分もすごく良く出ていてすばらしいです。中間部分の外周も淡い渦がみられます。すごい作品をコンスタントに量産してますね。黒目をはっきりさせるために中心部のみ強めなシャープ処理をしてもいいかもと思います。
エムティ
2011/06/13 07:38
entropistさん、こんばんは。
6段階ですか、なるほど、確かに濃淡がありますね。
好みと言っていただき、ありがとうございます。
銀河の色は、星雲とは違った難しさがあり、試行錯誤しております。
sho
2011/06/13 20:58
たいやきさん、こんばんは。
ありがとうございます。GS250RCはコストパフォーマンス抜群ですね。
GS300RCも、期待できるかもしれませんね。T社からは高性能の大口径が次々と出ているようですが、K社の製品も見逃せません。
sho
2011/06/13 21:57
エムティさん、こんばんは。
ありがとうございます。淡い部分が想像以上に写っていたようです。
いえいえ、すごい作品とまではいきませんが、長焦点ですと、撮影対象が広がり楽しみも増えています。
中心部にシャープ処理ですね、アドバイスありがとうございます。
sho
2011/06/13 22:02
shoさん、お久しぶりです。
悪天候続きでなかなかスカッとした晴天に出逢えないですね(≫_≪)
滑らかで繊細にしあがりましたね。素敵なM64だと思います。
同じく銀河もこちらを見ている気がします(^^;
 私事ですが、家から名古屋科学館まで30分ちょいで行けるのですが現在超満員な様です... 秋には行きますんでコメントしたいです.
けんじ
2011/06/21 12:39
けんじさん、こんばんは。
梅雨時期らしく、ほんと晴れませんね。
ありがとうございます。そうでしょ!こちらも見られているような気がしますよね。
sho
2011/06/23 22:28
見られているように思う人は、自意識過剰なんじゃあないの?M64は私たちなんか見ていません。フクシマに目を向けている可能性はあります?!?
entropist
2011/06/26 06:42
entropistさん、こんばんは。
はい、もちろん自意識過剰なところもありますよ(笑)
sho
2011/06/26 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒眼銀河 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる