山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS しゃぼん玉星雲(モノクロ)

<<   作成日時 : 2011/09/25 20:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

カシオペア座のNGC7635「しゃぼん玉星雲」です。

画像


しゃぼん玉星雲を狙ってみたのですが、途中雲が空を覆ってしまい、カラー化できませんでした。
また、L画像も枚数が少なかったため、淡いところまで写せませんでした。
今度リベンジしたいと思っています。

同時撮影していたイプシロンによる写真です。

画像


こちらも同様で、モノクロ写真となってしまいました。
しゃぼん玉星雲のまわりには、散開星団や散光星雲が広がっており、楽しい領域です。

撮影日:平成23年7月29日
望遠鏡:ε-180ED, GS-250RC
赤道儀:EM-400
カメラ:Art11002(-5℃), ML8300(-35℃)
フィルタ:[Art]FLI L IDAS LPS-P2, [ML]IDAS Type4 L
露出:[Art] L10分×4 [ML] L15分×2

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。冷却CCDはカラー化するのにLRGBと撮らなくてはなりませんものね。天候によってはこういう日もあるんでしょうね。

シャボン玉星雲は地球の方向から見ると、たまたまシャボン玉のように見えるだけなのでしょうけど、それにしても不思議な造形ですよね。何だ表面に艶があるようにさえ見えてきます。
たいやき
2011/09/25 23:45
たいやきさん、こんばんは。
いつもコメントいただき、ありがとうございます。
はい、モノクロの冷却CCDは、RGB画像を別に撮影しないといけませんので、全体としてある程度の露出時間が必要になります。そういう意味では、一発カラーの一眼デジカメの方に優位性があります。
しゃぼん玉、不思議ですよね。星座を何かに見立てるだけでなく、星雲・星団も名前付けが楽しいですね。
sho
2011/09/26 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
しゃぼん玉星雲(モノクロ) 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる