山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS 北アメリカ星雲

<<   作成日時 : 2011/10/22 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ペリカン星雲の次の日に、北アメリカ星雲を撮影しました。

画像


はくちょう座のNGC7000、見た目の形が、北アメリカ大陸に似ていることから、「北アメリカ星雲」と呼ばれています。
星雲の通称の中には「?」と思うものも多いのですが、この北アメリカ星雲は、まさにそのように見える形をしています。
観望会などで、天候不良のため本物の星が見えない時に写真を見てもらうことがありますが、この北アメリカ星雲は、先入観を持たれないように、「どんな形に見えますか?」と聞いてみると、大人の場合「アメリカ大陸」と言われることが多いです。子どもの場合は「ゾウさん」という声も聞くことがありますが(笑)


前回の、ペリカン星雲とモザイク合成してみました。

画像


背景の濃度や色合いが違っていたため、モザイクのつなぎ目、調整が難しいと思いました。

撮影日:平成23年9月6日
望遠鏡:ε-180ED
赤道儀:EM-400
カメラ:Art11002(-10℃)
フィルタ:FLI LRGB IDAS LPS-P2
露出:L10分×10, RGB5分×各3(2×2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん、こんばんは。
この北アメリカの処理はとても気に入っています。
北アメリカは赤い画像という先入観でなくカラーバランスをうまく撮られており、背景とのコントラストが絶妙ですね。とても透明感を感じます。

もうすぐ星研です。久しぶりにお会いすることを楽しみにしています。
syoshi-
2011/10/22 23:33
syoshi-さん、こんばんは。
ありがとうございます。気に入っていただけて、うれしいです。
カラーバランス、先入観も画像処理も、本当に難しいですね。モニターを長く眺めているうちに、見ている画像に目が慣れてくるのか、どんどんおかしくなることがしばしばです。

星研、楽しみにしております。syoshi-さんとお会いでき、お話しできること楽しみです。どうぞ、よろしくお願いいたします。
sho
2011/10/23 00:21
右上に向かって犬の遠吠え?左下に向かってよだれをたらした狼?いずれもかなりの無理筋ってところでしょうか。確かに北アメリカにも見えるけど、そう決められた先入観が私の小さな脳みそを占領しています。次は何?星雲の名前をぜひ変えることができる発見をしたいと思います。そんな楽しみもね!
entropist
2011/10/23 09:45
entropistさん、こんばんは。
星の見立ては、自由ですから、いろいろな形に見えて楽しいですね。
星座の形も、なぜって思うようなのもありますし。
次は何か、楽しみにしていてくださいね。
sho
2011/10/23 18:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
北アメリカ星雲 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる