山陰の星空

アクセスカウンタ

zoom RSS FSQの成果(3月分)

<<   作成日時 : 2012/10/22 23:14  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

久しぶりの更新です(苦笑) 今年3月に撮っていた写真です。
まずは、ばら星雲から!

画像


次は、回転花火銀河です。

画像


そして、子持ち銀河を。

画像


さらに、くらげ星雲です。

画像


最後は、ふくろう星雲とM108銀河です。

画像


ブログ更新の方は、停滞気味ですが、撮影の方はこまめにしておりました(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
えっ、3月分て?ご無事でなによりです。撮影は続けられていて画像処理が追いつかないないのですね。年に一度の生存書き込みになる所でしたね。沢山溜め込まれた作品が楽しみです。仕事にさしつかえないよう少しづつアップしてください。
エムティ
2012/10/23 08:42
エムティさん、こんばんは。お久しぶりです。
確かに!年に一度の生存書き込みになるところでした(笑)
ありがとうございます。地道に頑張りますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。
sho
2012/10/23 21:17
先日のイベントおつかれさまでした。古い会報誌の投稿記事読ませていただきましたよ。大変勉強になります!
来月、三瓶山自然館で天体撮影教室があるんですよね。初級コースがないので、中級に参加しようか、なんて考えています。

最近、星野撮影で感じたことは、デジ一眼の背面モニターは色がカラフルにでやすいので、ヒストグラムやPCで確認するまで安心できない、ということでしょうか。
ですが、冬の山陰の広角撮影では雲がかからない星空を見つけるのが一番難しいかもしれませんね。(笑)
コム
2012/10/25 08:39
コムさん、こんばんは。先日はありがとうございました。
三瓶の天体写真教室に行かれるのですね。楽しそうですね。
デジ一の背面モニターの件、いろいろな考え方があると思います。パソコンなしで確認できるメリットもありますし、後でパソコン上の大画面で見て例えばピントが甘かったとか、構図がどうとか感じることもありますし。
そうですね、確かに雲がかからない星空が一番難しいですよね。
最近思うのは、結果の写真もですが、撮影プロセスを楽しむのも大事かなぁと。
また、機会がありましたら、ご一緒させてくださいね。
sho
2012/10/25 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
FSQの成果(3月分) 山陰の星空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる