FSQの成果(3月分)

久しぶりの更新です(苦笑) 今年3月に撮っていた写真です。 まずは、ばら星雲から! 次は、回転花火銀河です。 そして、子持ち銀河を。 さらに、くらげ星雲です。 最後は、ふくろう星雲とM108銀河です。 ブログ更新の方は、停滞気味ですが、撮影の方はこまめにしておりまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

M81

おおぐま座の系外銀河M81です。 おおぐまの頭の方にある渦巻き銀河、M81です。 望遠鏡による眼視観望でも、比較的よく見えます。 次に、同時撮影していたFSQによる写真です。 ピントをはずしたため、星像がぼんやりしてしまいました。 M81銀河の上にあるのがM82銀河で、低倍率で見ると2つの銀河が「ハ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

NGC3628

久々の更新です。写真はしし座のNGC3628です。 もうすぐ7月だというのに、この写真は3月に撮影していたものです(苦笑) 撮影の方は、何とか続けておりますが、画像処理は停滞気味となっておりました。思い返してみれば、パソコンの電源を入れる日も少なかったように思います。 何とかせねば!(笑) 同時撮影していた、FS…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Markarian's chain

おとめ座の銀河団「マルカリアンの銀河鎖」です。 写真中央右側にある、大きな二つの楕円銀河が、M84とM86です。 それら楕円銀河から、北東の方向にカーブを描くように、たくさんの銀河が連なっています。 写真中央左下にある大きめの銀河がM87で、写真左上にある渦巻き銀河がM88です。 その他、たくさんのNGC銀河が点在し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M106銀河

いつものように、同時撮影していたGS-250RCによる写真です。 銀河周辺の淡い部分を出すには、まだまだ露出が足りないようです。 直焦点ではF8と暗く、レデューサも持っているのですが、じつは未だ使えません。 バックフォーカス位置が悪いためなのか、周辺部に大きなコマ収差が出てしまいます。 次の写真は、まがたま星…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久々の更新

あまりにも久しぶりの更新なので、ログインパスを忘れそうになってしまいました(苦笑) ぎょしゃ座のIC405「まがたま星雲」の写真です。2月に撮影していたものです・・。 いろいろと忙しくて、なかなか天文三昧とはいきません。 撮影画像は放置しているのですが、撮影の方は何とかやっております。 次に、M106銀河です。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

わし星雲

久々の更新となりました。写真は、いっかくじゅう座のIC2177「わし星雲」です。 写真中央から左下に広がる赤い星雲が、わし星雲です。写真右上には、散開星団M50も写っています。 写真では、とてもカラフルで、星雲の濃淡や赤色以外にも青色など楽しめる対象ですが、残念ながら肉眼では見ることができません。 3月末から今まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリオン星雲

前回は満月期だったので、リベンジしてみたのですが。 月明かりの影響が出る前に、撮影しました。ですが・・・。 結果的には、満月期に撮影した時と、そんなに変わりない写真となってしまいました。 逆に考えれば、オリオン星雲くらいの明るい星雲であれば、月夜でも十分楽しめる天体なのかもしれません。 もうすぐ、3月も終わり。こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

M78星雲

M78「ウルトラの星」のアップ写真です。 ウルトラマンの故郷M78星雲、今まで何度も撮影しています。 望遠鏡の眼視観望でも、ぼんやりした雲状の様子は案外簡単に見ることができますが、写真を撮ってみると複雑な形がおもしろいです。アップで撮影してもよし、広角でバーナードループや馬頭星雲まで含めるのもよし、楽しい被写体の一つだと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルトラの星 FSQ

ウルトラマンの故郷「M78星雲」 FSQ-106EDで撮影しました。 写真中央にある青い星雲が、M78です。ウルトラマンの故郷! この辺りは、ウルトラの星を彩るように、カラフルな星雲が入り組んでいて、写真撮影にはおもしろい領域です。 望遠鏡による眼視でも、あんがい簡単に、雲状のM78星雲が確認できます。 撮影日:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリオン星雲 FSQ LRGB

今度は、通常のLRGB撮影でのオリオン星雲です。 前回から、おおよそ一か月後の撮影となるオリオン星雲です。 月明かりの影響が出る前に、通常カラーとなるLRGBで撮影してみました。 空の状態も、好条件とは言えない状況でしたが、何とか写真になって良かったです。 撮影日:平成24年1月17日 望遠鏡:FSQ-106E…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オリオン星雲 FSQナローバンド

満月期は、ナローバンド!FSQの方はナローで撮影してみました。 まずは、AOO合成です。 同時撮影していたGS250の方は、LRGBの割りに予想外に写っていましたが、こちらの方は、周辺部のカブリがひどい感じでした。そのため、控えめな処理としています。 次に、SAO合成です。 撮影日:平成23年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

満月期のオリオン星雲

月齢17.9の夜に撮影したオリオン星雲です。 満月期ではありましたが、山陰地方の冬は晴れる日が少ないので、撮影してみました。 さすがに、明るいオリオン星雲だけあって、何とか写ってくれました。 今回も、ガイドエラーがあったようで、星がいびつになっていますが、撮影できただけで満足でした。 撮影日:平成23年12月13…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬頭星雲

オリオン座の馬頭星雲です。 ガイドがうまくいかなかったようで、星の形がいびつになってしまいました。 コントラスト強調を控えめにして、軟調気味に仕上げてみました。 それにしても、この辺りは、人工衛星がたくさん通るようです。 撮影日:平成23年11月26日 望遠鏡:GS-250RC 赤道儀:EM-400 カメ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

メローペ

M45「すばる」の中の星、メローペです。 4等級のメローペのまわりには、メローペ星雲と呼ばれる青いガスが取り巻いています。 フィルタによるゴーストがひどく、画像処理は控えめにしました。 昨日、一昨日と、近年記憶になりくらいのすごい積雪でした。 今日のお昼になって、ようやく溶け出してきましたが、外出するのも冷や冷や…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

すばる

おうし座のM45「すばる」です。 輝星を取り巻く青い星雲、眼視観望でも写真撮影でも、楽しめる散開星団です。 星や星雲も青色だけでなく、赤なども混ざっていて、おもしろいです。 同日に、NGC7331も撮影していました。 イプシロンの500ミリだと、さすがに小さいです。NGC7331の右下の方には「ス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NGC7331

ペガスス座の系外銀河NGC7331です。 昨年11月に撮影していた写真、今頃になって画像処理です。 山陰地方らしく、ずっと曇天または雪、撮りためている画像を処理すればよいのですが、撮影していないとパソコンに向かう気持ちも下がり気味です。悪循環です。 NGC7331は、NGC天体の中でも比較的に大きさがあって、銀河の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NGC891

アンドロメダ座の系外銀河NGC891です。 アンドロメダ座といえば、アンドロメダ銀河M31が、観望においても撮影でも、もちろん眼視観望でも一番ですが、このNGC891も魅力的な銀河です。 銀河を真横から見ることができ、半分に切り裂くような形が見ていて飽きません。 望遠鏡による眼視観望でも、案外よく見えます。 同時…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

IC1396

ケフェウス座にある大型の散光星雲IC1396です。 円形で、見かけの大きさは約3度、満月の6倍もあります。 この前掲載したvdB142は、星雲中央の青く明るい星の右側にあります。 また、星雲左上のオレンジ色の明るい星は、「ガーネットスター」と呼ばれています。 星雲の赤色の濃淡や点在する暗黒帯など、写真では見応えのある…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

vdb142

ケフェウス座の散光星雲IC1386の中にあるvdB142です。 この形から「象の鼻星雲」と呼ばれることもあります。 もっと鮮やかな色あいにしたいのですが、思うようにいきません。 また、撮影の方も、年末から悪天候続きのためできません。晴れて欲しいものです。 撮影日:平成23年10月20日 望遠鏡:GS-250R…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more